アパートのメリットとデメリット

アパートのメリットとデメリット

アパートのイメージを払拭させる新築物件

アパートは築年数が経過して劣化している物件というイメージが強いですが、アパートと名称が付く物件の定義は二階建てで平家づくりであるので、物件によっては非常に綺麗なアパートも存在します。新築アパートはデザイン性も高く外観はおしゃれであるので、マンションではなくあえてアパートを選ぶ人も多く存在します。

新築アパートであれば部屋の設備も整っています。追い焚き機能や電気コンロ等の最新設備が整っている物件も多く存在します。セキュリティに関してはオートロックであり、物件の中に入る際にも鍵が必要になることがほとんどです。アパートの欠点はセキュリティが甘いことですが、こういった対策を講じているので充分にセキュリティが充実しています。また、近くに管理者が住んでいることが多いので、設備に関してトラブルがあればすぐに対応してもらうことが出来ます。そして、駐車場代が無料であったり安い場合がほとんどであるので、家賃が多少高くても実質は得をしていることになります。新築アパートは築年数が10年以内のマンションよりは家賃は高いですが、それに余りある機能を備えているので、一人暮らしや引越しの際には選択肢に入れることが大切です。