アパートのメリットとデメリット

アパートのメリットとデメリット

アパートの理想の条件

アパートはマンションとは違ってセキュリティ面が心配であり、自分で対策を施すことが大切です。アパートは家賃が安い分マンションよりも機能が充実していないので、自分で充実させて工夫することが必須になります。メリットは立地条件が同じでもアパートの方が安く、間取りに関してもロフトや物置部屋が付いている場合もありお得ということです。

初期費用もアパートは安く設定されています。礼金は不動産会社への仲介手数料に充てられることがありますが、礼金と仲介手数料が両方かからない物件も存在します。仲介手数料が半額であれば礼金が高いことが一般的ですが、この場合は初期費用において非常にお得です。敷金も家賃の一ヶ月分程度であることも多く、退去時の敷金の返還でもめる可能性も少なくなります。アパートに住む際には、アパートにしかない条件を揃えて、マンションに住むよりもお得になるように探すことが大切です。まず、無料の駐車場とロフトや物置部屋が付いていることが条件です。これだけで1万円から2万円程度得をすることになります。そして、礼金と仲介手数料が無料で敷金が家賃の一ヶ月分が理想です。これらの条件に全て当てはまるアパートを根気良く探すことが大切です。