アパートのメリットとデメリット

アパートのメリットとデメリット

アパートにかかる初期費用の変動

賃貸物件に住む際には必ず初期費用がかかります。敷金や礼金なしの物件も増えてきましたが、その中でもアパートは最もお得に初期費用の問題をクリア出来ます。まず、敷金と礼金がかかっても家賃一ヶ月分までの物件が非常に多いです。これは、築年数が経過していればいるほど安くなります。

築年数が経過しているということは、そのアパートの管理者はアパートを建てる際に組んだローンを完済している可能性が高いということです。アパート経営はローンを完済してから利益を得ることが出来ますが、その頃には築年数の経過によって住む人が減ってしまいます。そんな時に初期費用を高く設定すれば尚さら空室が目立ってしまうので、出来るだけ初期費用を抑えて他のアパートやマンションから差別化を図っています。礼金は、入居させてもらったお礼として渡すお金であり、上限額が定められていないので、相場となる家賃二ヶ月分以上の請求も可能です。その為に、礼金が高い物件が非常に多いので、あえて低く設定することによってよりお得感が出ます。仲介手数料が半額などの場合は、礼金によってまかなわれていることが多いので、その場合は礼金の金額が高く設定されていることもあります。