アパートのメリットとデメリット

アパートのメリットとデメリット

賃貸物件の中でもアパートにしかないもの

賃貸物件はアパートだけではなくマンションや一戸建ても含みます。それぞれの家族構成や資金によって住む物件を選ぶことが大切です。資金があればマンションに住む人が多いです。そして、家賃に生活費をあまり充てられない場合はアパートを選ぶことが多いです。これはアパートが築年数を経過して家賃が安くなっている物件が多いからです。

近年では新築アパートも建てられており、新築であればマンションよりも家賃が高く設定されています。そんなアパートには一戸建てやマンションには無い魅力が多くあります。まず、ロフト付きの物件があります。ロフトに布団を敷いて寝ることも可能ですが、空気の循環率が悪いので物置にすることが最適です。そして物置部屋として部屋が余分に備え付けられていることもあります。これは家賃で見ても高くなっておらず、間取りで得をしていることになります。そして、アパートを選ぶ一番のメリットは、同じ立地条件であってもマンションや一戸建てよりも家賃が安いということです。そして、駐車場が無料で使用できたり安価で使用出来ることがほとんどであるので、毎月二万円近くかかる駐車場代を節約することが出来ます。浮いた分で高い物件に住むことも出来ます。