アパートのメリットとデメリット

アパートのメリットとデメリット

賃貸アパート経営について

賃貸アパート経営をしたいと思っても、初めての人にとってはなにかと不安も多いでしょう。では、実際にどのようなデメリットが起こりうるのでしょうか?1.空室のリスクアパート経営のデメリットの中で、もっとも大きいのは空室のリスクです。不動産投資は部屋を賃貸することによって賃料という収入を得るので、空室が多いほど収入は減少します。また、空室期間が長引いてしまうとローンの返済に持ち出しが必要になるなど、返済計画に狂いが生じてしまいます。老朽化のリスク低減の為にも修繕費をあらかじめ計算に入れておくことです2.老朽化経年劣化による建物の老朽化は、避けて通ることはできません。でも、老朽化した建物をそのままにしておくと、新たな入居者がなかなか決まらなかったり、家賃設定を下げる状況になったりします。3.資産価値・売却価格下落・金利上昇地価が下落すると資産としての価値が低くなってしまう可能性があります。また金利の上昇により、ローンを利用して不動産投資を行なうにあたって変動金利を選択した場合、数年後に必ず返済額のアップが起こってきます。4.災害建物すべてにいえることですが、地震や火災などで建物が倒壊・消失してしまうというリスクがあります。傷害保険の加入はもちろんですが、耐震性・防火性の高い構造の物件を選ぶことも大切です。

メリットとしては1.金銭的なストレスからの解放仕事の他に収入があるという精神的安定。金銭的なストレスからの解放。2.副業に最適。管理会社に任せて自分は判断を下すだけ、管理会社にすべてを任せることが出来るので、手間がかからない。副業に最適。全国でもどこからでも管理が可能です。3.融資が受けられるアパート経営は事業として融資が受けられます。株やFXは投資的意味合いが強く銀行からの融資は受けられません。4.家賃収入でローン返済アパート経営では、銀行のお金でアパートを購入または建築し、入居者からの家賃収入でローンを返済します。このように自身の出費を最小限に抑えて、資産の形成を勧められるのもアパート経営のメリットの一つです。5.節税効果があります建物や設備の減価償却費用で所得税が安くなり、固定資産税・相続税なども節税になります。また事業主であれば減価償却で赤字になるような物件を持つことで、本業の所得税を減らしつつ資産形成ができます。

このようなメリット、デメリットを踏まえて、きちんと管理をすれば資産運用にこの上ないメリットが得られると思います。

おすすめ情報