アパートのメリットとデメリット

アパートのメリットとデメリット

アパートの敷金を巡ってトラブルが多発していました

アパートの敷金については様々なトラブルが発生しています。実際私も、契約時には「敷金は通常の生活をしていればお返しできますよ」と言われたのですが、結局色々な理由を付けて本当に僅かしか返してもらえませんでした。でも、正直法律問題などに詳しくはないので、不動産会社に「これは借主が負担すべきものです」と強く言われるとそのまま受け入れるしかなく、泣き寝入りをしたこともありました。でも、現在では国土交通省がガイドラインを作成しているので、敷金を巡るトラブルは大分減っているようです。

そのガイドラインによると、借主の故意や過失によって出来た破損や汚れ、その他通常の使用を超えるような使い方で発生した毀損を復旧する為に敷金使用は認められているということです。ですから、物件を借りる前の状態にまでしっかり回復することを目的として敷金を使うことは違反であるというのです。通常の部屋の使用で出来た破損とは、壁の画鋲穴や家具でついたほんの少しの傷跡、キッチンのシミなど。これは故意に発生させたものではなく、普通に生活していれば出来てしまうものです。こういったものを元の状態に回復させるためには、貸主が自ら資金を負担しなければならないのです。