アパートのメリットとデメリット

アパートのメリットとデメリット

木造アパートのなつかしさ

家賃が比較的安くなつかしいカタルシスを感じる木造アパート。冬などは下階に入居者がいると暖気が上がってきて暖房費が抑えられたりします。そして木造アパートには木のもつ温かみがあることがなによりですね。昔から日本人は木に慣れ親しんできました。国土の70パーセントが山ですからね。木と共に育ち、見守られることにより安心するのは日本人として当然かとおもわれます。

また、木造アパートでは隣や上下の音がよく聞こえる。といういっけんするとデメリットと感じる特徴もありますが。それがまた心地よかったのです。地域のコミュニティーが崩壊する前はそれが当たり前だったのです。そして自然に人を近くに感じ、相手を思いやる心やご近所付き合いが生まれるでしょう。隣に住んでいる人と会話もない何をしてるかわからない事のほうが問題です。

隣の音が何も聞こえない現代社会における鉄筋コンクリートの部屋では、アパートに暮らしていても。心細いでしょう。しかし、木造アパートではみんなで暮らしているという安心感がありますよね。なんとも言えない現代の私たちが忘れてきたものがここにあるのではないでしょうか。木の心地よさと人と暮らしているのだという安心感。それこそが日本人の原点だと思います。

おすすめ情報