アパートのメリットとデメリット

アパートのメリットとデメリット

アパートの魅力について。

アパートを借りる場合は、払える家賃の中で、まず自分の中でどうしても譲れない希望を考えます。駅やバス停から近い所がいい、コンビニが近くにある所がいい、などの立地の条件や、部屋は2階がいい、角部屋がいい、風呂とトイレは別がいい、などの部屋に対する希望があります。立地と部屋の良い条件が全て揃っているアパートというのは、どうしても家賃が高くなってしまいます。立地の条件が良い点を優先するなら、築年数が経っている古い建物でもいいというふうに妥協し、新しくてきれいだけど、立地は悪いなど、どこか妥協しながら、少しでも満足ができる物件を選びます。

アパートは家賃の安さが、最大の魅力です。マンションだと建物の構造が頑丈で設備がいいため、家賃はアパートより割高になります。しかしアパートは、格安な家賃で色々なタイプの物件があるため、物件選びの選択肢も多くありますし、選ぶだけでも楽しくなります。また、アパートも新築物件は人気が高いため、築10年位経つともう古い方の物件と見なされ、まだまだ十分きれいでも借り手がつきにくくなるので、家賃が下がっていきます。アパートは、学生やまだ社会人になって間もない若者たちにとっては、強い味方です。

おすすめ情報

  • 学生会館の情報サイトといえば全国ひとり暮らし.com。